西福寺(埼玉県川口市)へ行ってきました

埼玉県川口市の西福寺へ行ってきました。住所は川口市ですが、JR川口駅周辺のにぎやかな街並みからはずっと遠く、最寄駅は埼玉高速鉄道の戸塚安行駅です。でも私は公共交通機関を使わず、車で行きました。

出発してからお寺の駐車場に車を止めるまで1時間ほどかかりましたが、沿道の風景の変化が面白かったです。目的地へ近づくにつれて、商業用のビルとマンションが混在する場所から住宅地へ移り、さらに住宅がまばらになっていく様子は、見ていて飽きないものがありました。

西福寺に着くと、一番の見どころ、三重塔が待ち受けていました。この三重塔は埼玉県で最も高い木造建造物で、県の有形文化財に指定されています。塔のユニークな点は、一層目の蟇股に十二支の彫刻があり、子の彫刻が北にあるというように、それぞれの干支が方角を表しているところです。ほかではなかなか見られないので、私は写真を何枚も撮ってしまいました。

西福寺は人通りが少なく、わかりにくいところにありますが、だからといって寂れた感じは全くありません。むしろ境内の手入れは十分に行き届いているくらいです。また境内の案内表示もわかりやすく、ともすれば見落としがちなところまできちんと説明がありました。

またこのお寺の観音堂には坂東・秩父・西国の札所の100体の観音像が安置されていて、観音堂をお参りすれば100か所の札所をお参りしたのと同じご利益があるそうです。ご利益といえるかどうかはともかくとして、普段車で走らない道を通って初めての場所に行ったことは、なかなか面白い経験になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>