中途半端

中途半端人間になってしまっている。友人Tはジャズのベース高校1年生からやってるけどなんだかんだでもうすぐ10年やってることになる。音大にまで行っててなんだかんだ生活するレベルまではいけてなさそうにしろ普通にバイトするくらいのレベルは稼げてる。

打ち込む姿がかっこいい。友人Aは演劇の勉強のために東京へ。留年までして今年で27歳になるのに今から行くあてもないままでもとりあえず東京に行ってみるというところがかっこいい。将来どうなってどうなって~なんてことはきっと考えないで今やりたいことをやる。

自分がやりたい事でないと年収5000万円にはなれないとか言ってて現実的じゃないんだけど説得力のあるセリフを吐いて出て行った彼はおっさんみたいな見た目だし、きっと彼女とかもできたことないのだろうけどめちゃくちゃかっこいい。一方、大卒と同時に信用金庫入ってまあまあ案体の友人Yはきっとこれからも上手にやっていくのだろう。

全然イケメンではないけど合コンとか飲みにとかいろんな女の子とデートとかしてて羨ましいんだけど全然かっこいいと思わない。僕は今人からどう見えてるんだろう。自分ではどう感じているんだろう自分のこと。そしてどうなりたいのだろう。やっぱり必死で打ち込む姿がかっこいい。ああいうふうになりたい。

電子機器との相性が悪い私

私のパソコンが不調です。インターネットに接続できません。電話会社、プロバイダー、あちこち連絡して調べてもらっていますが、未だ原因不明なのです。電話回線の不具合なのか、それともパソコン本体の不具合なのか、いずれにしてもため息しか出ません。

思えば私とこの手の機械の相性は甚だよろしくありません。古くはワープロの時代からWindows95以前のパソコンの時代まで、喧嘩が絶えませんでした。電源を入れて最初のコマンド入力で間違えてしまい「エラーだぞ!」と警告音で注意されるのは日常茶飯事で、調子良く仕事が進み、もうすぐ書類完成のところで、ピタッと止まってウンともスンとも言わなくなり、仕方なく上司に報告するものの「しょうがない、電源切って」と無情な言葉が返ってきて、何時間もかけて作成した書類が、一瞬にして全て無くなるといったこともありました。

このような事は一度や二度ではないのです。だからパソコンを使う時はいつもドキドキで「このまま最後まで動いてくれ」と文句を言いながら操作していました。第三者が見たら、ひとりでパソコンに向ってブツブツ言いながら作業している姿は不気味に映ったかもしれません。あまりにも頻繁にフリーズするので、仕舞いにはパソコンに向って「パソコンさん、お願いだからいう事聞いて」と懇願するのがお決まりのパターンとなっていました。私がパソコンをイマイチ信用できないのも、私の性格がひねくれたのも、この時の事が原因だと断言します。

私の傍にはいつも唐辛子

皆さんは病みつきになっている、どうしても使ってしまう調味料はありますか?
よくマヨラーという言葉は耳にします。ご飯やパン、おかずなど何にでもマヨネーズをかけてしまう人たちの呼称です。味覚オンチなのだろうと、正直バカにしていましたが、よく考えてみると、自分も他人の事を言える立場ではないと思い直しました。

私の場合、一味、或いは七味唐辛子を和・洋・中問わず、どんな料理にでもかけまくっているのです。元々辛いモノが大好きで、うどんやそばには多めにかけていたのですが、それがカレーにかけてみよう、パスタにかけてみよう、お好み焼きにもと、どんどんエスカレートしていき、今では白米やキャベツの千切りに、七味唐辛子と醤油をかけて食べるまでになってしまいました。

妻には「身体に悪いから止めて」と言われ続けていますが、どうしても止めることができません。普通の味付けでは物足りなく感じてしまうのです。これはやはり味覚障害なのでしょうか。時々心配になるのですが、味の好みはなかなか修正が利きません、私の場合、ドクターストップがかかるまで止められない気がしています。
今日も我が家の食卓では、私の傍らで一味と七味が仲良く寄り添っています。