クレーターになる前に

私がはじめてニキビの悩みを抱えはじめたのは高校生になってすぐのことでした。

中学生のころ周りでニキビができている友達をみていて自分は絶対にならないと思っていましたが、高校生になってすぐに何の前触れもなく自分にもできはじめました。

それはそれは瞬く間に増え続け完全にニキビ男子の仲間入りをした思春期でした。

当時、ニキビはまず絶対に触るなと言われていましたが、その膨らみが気になって仕方なく潰してしまおうと私は市販のスクラブ入りの
洗顔料でゴシゴシ洗い続けました。

確かに膨らみはなくなったものの逆にクレーター状態になってしまい、治るどころか跡に残ってしまいました。

それから約20年が経ち、その時のニキビ跡はまだ残っています。

もともと敏感肌ですぐに顔に手をやってしましがちですが、今はこれ以上ひどくならないようにフェイスケアは毎日かかせません。

ニキビができたかな?と思うと顔に何かを塗って治すとなるとそれもまた顔がかゆくなってきて触ってしまい完全なるニキビになってしまうので、今は規則正しい生活と市販のビタミン剤を飲んで体内のバランスを健全に保ち、ニキビのできにくい体質になるよう心掛けています。

クレーターになってからであれば手術といえどもなかなか治らないみたいなので、やはり絶対に触らないことと自分の肌にあった対処法をみつけることだと思います。